キービジュアル

チャリティーランナー募集のお知らせ


【はじめに】

1976年から始まったよこすかシーサイドマラソンも、今年で第42回目を開催する運びとなりました。
これもひとえにランナーの皆様の温かい応援と、スタッフの方々の多大なるご支援あってのものだと、心より感謝しております。

さて、本大会は、地域に根ざし、健康づくりの場、走る楽しみを感じる場を提供することをテーマに開催してまいりました。
6年前の大震災を機に、過去5大会に於きましては、ランナーの皆さまに大変大きなご協力をいただき、チャリティーランを実施することができました。

本年も引き続き、皆様の笑顔溢れる走りを活力に変える、チャリティーランを通じて、様々な問題を少しでも解決できるのではないかと考えております。

自分が走ることで、誰かを笑顔にしたい、地域を元気にしたい。そんな想いを持ったランナーの方々に、ぜひご参加頂きたいと思います。
最後になりましたが、2011年3月11日に起きた東日本大震災で被災された全ての方々へ、心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復興を願っております。

【よこすかシーサイドマラソン実行委員会より】
 よこすかシーサイドマラソン実行委員会では、よこすかシーサイドマラソンを通じて市民の健康増進と地域コミュニティーの場として実施・運営をさせて頂いています。
6年前より導入させていただきましたチャリティーラン(寄付をして走る)では、当初の寄付先を横須賀市内のスポーツによる「まちづくり」に活かそうとしていましたが、
2011年3月11日に東日本大震災が発生した中で、横須賀市の友好都市である、会津若松市へ避難している、「福島県双葉郡 大野小学校と熊町小学校」へ、スポーツ活動のための資金として寄付したことがきっかけで、過去5大会に渡り、被災地支援といたしましてチャリティーランを実施させて頂いております。

本年は、福島第一原子力発電所の事故の影響をうけて会津若松市へ避難している福島県双葉郡大熊町の皆様を本大会にお迎えし、笑顔溢れる皆様と共によこすかの魅力あふれるコースを堪能していただくための資金にしたいと考えております。多くの方から愛され42回を迎えるよこすかシーサイドマラソンの「想い」を、ランナーの皆様の力をお借りして、福島市の皆様へ届けたいと思います。

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げております。
※なお申込については、インターネットからのみの受付となります。大会エントリーページの指示に従ってお申し込み下さい。

【参考資料】
<PDF> 大熊町の現状と課題
<PDF> 大熊町の状況について
<PDF> 第42回よこすかシーサイドマラソンチャリティーランについて




【参加方法】
①エントリー方法
エントリーページから、まずはエントリーしたい種目を通常通りお選び頂き、その後記入するエントリーデータの中の「チャリティーラン」項目にチェックを入れて頂きます。そこで通常のエントリーか、チャリティーランのエントリーかをご指定下さい。
なお、チャリティーランをお選び頂いた方は、寄付金として1,000円を大会参加費とは別にお支払い頂きます(支払いはご一括)。

②大会当日
大会当日にチャリティーグッズをチャリティーブースにて、お受け取り下さい。
なお、スタートや時間計測、コース、レギュレーションは一般ランナーと同じ条件になります。

協賛企業

ロゴ

協賛企業



協賛企業

協賛企業

トップへ戻る

お問い合わせ

トップへ戻る